読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅行コラムニスト・森川孝郎の日本列島探検隊!

All About国内旅行ガイドで、旅行コラムニスト森川孝郎が、旅に関するおもしろ情報をお届けします。

500年の時を経て、カマキリがつないだ京都と小田原の縁

沿道の声援に応えるカマキリさん

本格的な夏を迎え、蒸し暑さが増す7月17日の京都。この日、京都では祇園祭の「山鉾巡行」が行われ、街中を山鉾が、ゆっくりゆっくりと行き過ぎていく。

大小様々な山鉾の中に、御所車に乗ったカラクリ仕掛けのカマキリが据えられた「蟷螂(とうろう)山」という一風変わった山がある。蟷螂とはカマキリのことだ。

f:id:morikawatakao:20160728220018j:plain

(写真:2016年、山鉾巡行時の蟷螂山)

「かまきーりさーん!」という沿道の人々の声に応えるように、カマキリが前足を動かしたり、羽根を広げたりする。その様子は愛らしく、子供達だけでなく、大人にも人気だ。

巡行は"静"の祭りと言われる中で、ここだけは声援、拍手、笑い、どよめきが交錯する別世界が現出する。

京都の祇園祭と小田原の外郎家とのつながり

この蟷螂山、変わっているのはカラクリ仕掛けのカマキリだけではない。巡行列の「総代」という重要な役割を地元住民ではなく、神奈川県小田原市の製薬・製菓会社「ういろう」の代表(外郎家25代目当主)、外郎(ういろう)武さんが務めているのだ。

f:id:morikawatakao:20160728220142j:plain

(写真:外郎武さん(中央)と、「ういろう」社員の阿部将大さん(左)と好光亨さん(右))


「ういろう」といえば、歌舞伎十八番の一つ『外郎売』の口上でご存じの方も多いかもしれないが、蟷螂山をつくったのは、実は外郎さんの先祖とされている。

外郎家は、もともと中国の元王朝(1271年~1368年)に仕えた公家の家系。陳延祐(ちんえんゆう)という人物が、元王朝の滅亡後に日本に亡命し、九州の博多に住み、日本における外郎家の初祖となった。

延祐の死後、二代目の大年宗奇(たいねんそうき)が、京都の室町幕府三代将軍・足利義満の招きで上洛し、中国伝来の製薬や医術に関する知識・技術を持って朝廷や将軍に仕え、現在の蟷螂山町(京都市中京区)に屋敷を与えられたという。

この大年宗奇が、彼より少し前の時代に、同じく現在の蟷螂山町に住んでいた南朝方の公卿、四条隆資(1292~1352)を偲(しの)んで、永和2(1376)年に創始したとされるのが蟷螂山だ。

隆資卿は北朝を支持する足利義詮(よしあきら 室町幕府二代将軍)の軍と勇猛に戦い戦死したが、その姿を、中国の故事「蟷螂の斧」に出てくる、自分より強いものに果敢に立ち向かうカマキリの姿に重ねたのだという。

環境を一変させた応仁の乱

その後、「応仁の乱」(1467~1477)の勃発で、外郎家と蟷螂山を取り巻く環境が一変する。

洛中が荒廃し、薬をつくるのが難しくなったことから、外郎家五代目の定治は京都の家や典医の職を弟に託し、当時関東で台頭した戦国大名北条氏の招きに応じて、小田原に移住する。

しかし、京都の外郎家はその後途絶えてしまい、結果、外郎家と蟷螂山の縁も切れてしまうのだ。

一方、蟷螂山は度々戦火に遭い焼失したものの、その度に再興されてきた。しかし、江戸時代末の元治の大火(1864年)で大部分を焼失してしまい、その後は「居祭り(いまつり)」(巡行に参加せず、御神体や火災を免れた懸装品の披露のみを行う)での参加となった。

蟷螂山が再興され、117年ぶりに山鉾巡行に復帰したのは、昭和56(1981)年になってからだ。

f:id:morikawatakao:20160728220344j:plain

(写真:昭和56年の再興時に二代目に後をゆずった先代のカマキリ。現在は会所に保存されている)

500年の時を超えての「復縁」

その蟷螂山と外郎家の縁が再びつながったのは、つい最近のことだ。

外郎さんは、社史編纂を手がけた歴史小説家の山名美和子さんの著書『ういろう物語』の取材過程で蟷螂山との縁を知り、2005年5月に京都を訪れ、当時の保存會会長の家の門をたたいたのだという。

その後、保存會から巡行参加の誘いがあったものの、当初は長い年月、縁が切れていたことへの申し訳ない気持ちなどから遠慮していたが、2011年、蟷螂山再興30周年の記念の年に初参加し、以後は、ほぼ毎年参加している。

f:id:morikawatakao:20160728221008j:plain

(写真:蟷螂山の皆さん。2016年の山鉾巡行にて)


大年宗奇の蟷螂山創始から数えて600年以上、外郎家の小田原移住から数えて実に500年ぶりの「復縁」ということになる。

人出不足を解消する画期的な仕組み

筆者は今年(2016年)、外郎さんに同行して、7月16日(宵山)と17日(山鉾巡行)の様子を取材させて頂いたが、蟷螂山保存會常任幹事の本井元康さんに興味深い話をうかがうことができたので、ここで紹介したい。

バブル経済とその崩壊の影響を受け、蟷螂山町も古い街並みが次々と壊され、マンション建設ラッシュが進み、古くからの住民は数えるほどしかいなくなってしまいました。

このような状況にどう向き合うのか、町の役員達の苦悩が始まり、絞り出した方針は、時代の流れに逆らうことなく、失われた"人"と"物"(主として施設)を取り戻す絶好の機会にすることでした。

具体的には、"人"とは、マンション入居者を指し、入居者には強制的に自治会と保存會に入会して、お祭りの新たな担い手になって貰う。"物"とは、巡行放棄で町有財産を売却してしまった収蔵、会合、展示等が可能な施設を、新たにマンション内に設けること。

このような極めて困難な課題に対し、果敢にマンションのデベロッパーとの長くて厳しい協議に臨み、実現しました。

蟷螂山町と同様に町有財産を失った他の山鉾町から見学や情報提供を要望されることも多く、ノウハウの総てを提供して援護するものの、他での実現は未だ一つとしてありません。」

アルバイトやボランティアに頼らなければ祭りへの参加が危ぶまれる山鉾町が多い中、蟷螂山町の創りあげた仕組みは画期的だ。最近は祇園祭に参加したいがために蟷螂山町に引っ越してくる人も増えているという。

また、本井さんは、蟷螂山の取り組みについて次のように話す。

「蟷螂山は異色の山として(生稚児を乗せる)長刀鉾に次ぐ人気ですが、これに胡座(あぐら)をかくことなくお祭りの真髄や精神性を念頭に置きつつ、常に新しい事に取組んでいます。

例えば、今や最大の存在感になっている"カラクリ蟷螂おみくじ"の新設、わらべ唄の復活、舁(か)き初め(山の試運転)の復活等々で、その都度、新たなニュースとして報道して貰っています。」

f:id:morikawatakao:20160728220522j:plain

(写真:カラクリ蟷螂おみくじ)


最後に、外郎さんについては、以下の様に話された。

「私共は外郎さんご一行の参加を毎年の様に申し入れていますが、言うは易し、行いは難しで並大抵のことでは出来ない事です。それを継続して頂いていることに、頭の下がる思いで感謝しながらご一緒に巡行を奉仕しています。」

外郎さんへのインタビュー

最後に、外郎武さんに、祇園祭に参加する意義などについてうかがった。

「2011年から山鉾巡行に参加させて頂き、2014年には会社の恒例行事となっている社員旅行で祇園祭を訪れ、社員10名も巡行に参加しました。以後、2015年、2016年は社員2名とともに巡行に参加しています。

私どもの会社は、室町時代から小田原で商売をさせていただき、その伝統を継承する責任を負っていますが、祇園祭への参加を機に、社員がそのような会社で働く意味をより深く理解し、心意気が変わったのをはっきりと感じます。

また、私自身は、京都との文化的なつながりを持つことが"励み"になってると感じます。今のご時世、家を代々続けることは難しくなりました。家を傾けたら、遠く京都で文化を受け継ぐ蟷螂山町の皆さんが「がっかり」する。

そうならない様に、これを"励み"に歴史を重ねて行きたい。また、私のこの思いを後世に伝えていきたいと思います。」

f:id:morikawatakao:20160728220606j:plain

(写真:静岡県森町に伝わる「蟷螂の舞」)


さらに、外郎さんが交流を深めるのは京都だけにとどまらない。祇園祭由来とされる「蟷螂の舞」が伝わる静岡県森町との交流についても話をうかがってみた。

応仁の乱以前に京都の祇園祭で舞われていた"風流舞"の要素を色濃く伝えるとされるのが、遠州森町の山名神社に伝わる"天王祭舞楽"です。舞楽は八段から成り、その七段目に舞われるのが"蟷螂の舞"です。カマキリの被り物を頭に載せた少年が、独特のお囃子にあわせて、静かに舞います。

森町にこの"蟷螂の舞"を伝えたのが、外郎家の先祖であるといわれています。2014年7月には、先代(24代目当主)の新盆供養をしたいと森町からありがたい申し入れがあり、小田原での舞楽の特別公演が実現するなど、森町の方々とも深いお付き合いをさせて頂いています。」

この「蟷螂の舞」を祇園祭の巡行に復活させるのが、現在、外郎さんが抱いている大きな夢だという。

祇園祭は「かつてあったものは復活させる」というのが基本スタンスとはいうものの、蟷螂山町にお囃子方の担い手がいないなど、復活へのハードルは決して低くない。

しかしながら、今年(2016年)7月2日には、森町の文化研究の第一人者で同町教育委員会の北島恵介さんと、蟷螂山保存會の役員との歴史的対談実現を仲介するなど、夢の実現に向かって着実に一歩足を踏み出している。

文化講演会開催のお知らせ

今回取材にご協力頂いた、京都蟷螂山町と静岡県森町の芸能、そのつながりをテーマとする文化講演会が開催されるので、ご案内します。

『京都祇園祭蟷螂山と飯田山名神社の芸能』

○日 時:平成28年8月6日(土)午後1時30分から午後3時(午後1時開場)
○会 場:森町文化会館 小ホール(静岡県周智郡森町森1485)
○入場料:無料
○内 容:第1部 国指定重要文化財名神社天王祭舞楽「蟷螂の舞」披露
第2部 基調講演      
○講 師:本井元康 氏(京都祇園祭蟷螂山保存會常任幹事)
○演 題:「京都祇園祭蟷螂山について」
第3部 パネルディスカッション 
○テーマ:「京都と森町を繋ぐ縁」
○登壇者:本井元康 氏(京都祇園祭蟷螂山保存會常任幹事)
     村林利高 氏(京都祇園祭蟷螂山保存會會長)
     外郎 武 氏(山名神社舞伝播家小田原外郎氏25代目当主)
     京都祇園祭蟷螂山保存會會員の皆様 
○主 催:森町教育委員会・森町文化協会

NHK大河『真田丸』で注目の史跡めぐり

2016年のNHK大河ドラマ真田丸』は、近年放送された他の作品に比べると、ここまでのところ高視聴率を獲得しているようだ。

脚本が三谷幸喜監督らしくコメディータッチで、本当に史実に忠実か否かはさておき、歴史の大きな流れを知り、またドラマとして楽しむという意味では、好感をもって迎えられているのではないか。

私は仕事柄、全国あちこちを歩いているが、出かけた先に『真田丸』関連の史跡があると、気になってつい立ち寄り、せっかく来たのだからと取材させていただいたりしている。

最近訪れて、記事にしたのは神奈川県の沼田城址と、群馬県沼田城址、名胡桃城址だ。

f:id:morikawatakao:20160711133020j:plain

(写真:小田原城天守閣)


小田原城

小田原城は、戦国大名の小田原北条氏の居城。北条氏は、戦国時代に南関東と静岡県の一部を支配下に置き、初代の北条早雲(伊勢宗瑞)を除く、二代目の氏綱から、三代氏康、四代氏政、五代氏直までの歴代当主が城と城下町を整備した。

真田丸』では、秀吉の小田原攻めの場面で登場し、氏政役の、高嶋政伸の怪演が話題になったのが記憶に新しい。

小田原城観光というと、耐震工事が終わり、先日リニューアルオープンした天守閣のみが目立つようだが、見所は他にもたくさんある。

大手門の跡や、「総構(そうがまえ)」と呼ばれる城と城下町を囲む堀と土塁、城址公園内にある「小田原市郷土文化館」、さらに少し離れた場所になるが、秀吉が築城した「一夜城」の跡なども見学できるので、下記の記事を参考に、ぜひともゆっくり小田原観光を楽しんでいただきたいと思う。

allabout.co.jp

沼田城名胡桃城

群馬県沼田市では沼田城址を、沼田市の隣のみなかみ町では名胡桃城址を見学させていただいた。

沼田城は、真田信繁(幸村)の兄、真田信之が城主になった城だ。

城主になった信之は、ここに五層の天守閣を建てた。江戸時代の初期に五層の天守閣を持つ城というのは、江戸城沼田城だけであり、小田原城ですら三層の天守閣であることを考えれば、ものすごいことだと分かる。

また、名胡桃城はこの城がきっかけで戦国時代にピリオドが打たれたといわれる城だ。

ドラマを見ている方ならよくご存じかと思うが、名胡桃城豊臣秀吉の裁定で真田氏のものとされていたが、これを北条氏の家臣が攻め取ってしまい、この事件が引き金となり秀吉の小田原攻めが開始されたとされる。

結果、小田原北条氏が滅亡し、戦国時代にピリオドが打たれたと考えられているのだ。

news.mynavi.jp

沼田城址からほど遠くない場所には、「東洋のナイアガラ」と呼ばれる名所「吹割の滝」もある。滝壺から飛沫が跳ね上がり、とても涼しげだ。

この夏、『真田丸』ゆかりの史跡めぐりなど、いかがだろうか。

しらす丼以外の、しらすグルメ

鎌倉・江ノ島でランチにもディナーにも人気の"しらす丼"。でも、"しらす"を美味しく食べられるメニューは"しらす丼"だけじゃなかった!

f:id:morikawatakao:20160710164010j:plain


鎌倉・江ノ島で食べられる"しらす丼"以外のしらすグルメ。しらすパスタ、しらすモッフル、しらすトーストなどを紹介する「まとめ」をつくってみました。
お出かけの際の参考に。ぜひどうぞ~

allabout.co.jp

無人島、軍港、カレー 夏の日帰り旅行にオススメな横須賀

最近、力を入れて取材させていただいているのが、神奈川県の横須賀市

以前オールアバウトで書かせていただいた横須賀の記事がお陰様でヒットし、それ以来、横須賀市の観光担当課と観光協会の担当の方と親しくさせていただいています。

先月は、2回ほど取材にうかがい、オールアバウトの記事を含めあわせて3本の記事を書いたので、ちょっと紹介させていただこうと思います。

■リアル・ラピュタの無人島「猿島」探検!

f:id:morikawatakao:20160708175657j:plain


横須賀市の沖合、わずか1.7kmほどの海上に浮かぶ無人島「猿島」。島内に残された明治時代のレンガ造りの要塞跡が、スタジオジブリのアニメ『天空の城ラピュタ』の廃墟に似ているため、"リアル・ラピュタ"の島として人気を集めています。

news.mynavi.jp

■YOKOSUKA 軍港めぐり

f:id:morikawatakao:20160708175705j:plain


アメリカ海軍の基地がある横須賀本港と、日本の海上自衛隊の司令部がある長浦港を船でめぐる「YOKOSUKA 軍港めぐり」は、株式会社トライアングルが実施する人気ツアー。45分間のクルーズ中、運がよければ、巨大な空母に出会えることも!

news.mynavi.jp

■"カレーの街"横須賀を訪れたなら、食べたい様々なカレー

f:id:morikawatakao:20160708175724j:plain


横須賀を訪れたなら食べたいのがカレー。横須賀といえば「よこすか海軍カレー」がすぐに思い浮かぶなど、すっかり"カレーの街"として知られるようになりましたが、最近、新たに様々なカレーが誕生しているらしい? 海自カレー、砲台カレーとはどんなもの?

allabout.co.jp

「ふるさと納税」業務一括代行サービスは、納税者にもメリットあり

先日、都内で開かれた<ふるさと納税について知ろう!「さとふる」セミナー>に参加してきた。

まずは、「ふるさと納税」について少しおさらいしたいと思う。
同制度は、大都市と地方の経済格差を是正することを目的に平成20年に創設。「納税」という言葉が使われているが、好きな都道府県や市区町村に「寄付」し、確定申告すれば所得税の還付や住民税の控除が受けられる仕組みだ。

当初は、利用が伸び悩んでいたが、東日本大震災の復興支援の手段として話題になり、その後、多くの自治体が魅力的な「お礼品」を導入するなどして人気を集めるようになった。
実質2000円の自己負担で地域の魅力的な特産品をもらえるという意味で、納税者にとってお得感がある。
さらに、平成27年度税制改正で、税額控除されるふるさと納税枠が拡充され、寄付先の自治体数が5団体以内であれば、確定申告が不要になる「ワンストップ特例制度」もはじまり、利用額が急速に拡大したという。

f:id:morikawatakao:20160625063049j:plain

(写真:東京ステーションホテル「鳳凰の間」で開かれた「さとふる」セミナー)


今回のセミナーを主催した「さとふる」は、どちらかというと「ふるさと納税」に対応する自治体の声から生まれたサービスという。
ふるさと納税」の活用は、財源確保や地域の特産品のPR・ブランディングにつながる可能性があるという意味で自治体にメリットをもたらす一方、「お礼品」の配送や寄付の申し込み受付・入金の確認などにかなりの手間がかかる。
それら「ふるさと納税」に関わる業務を一括代行するサービスが「さとふる」なのだ。

「さとふる」はもちろん納税者にもメリットをもたらす。魅力的な「お礼品」をサイト内で探したり、「寄付」が行えるのはもちろん、収入額から最適な寄付金を計算するシュミレーションシステムもあり、今後は確定申告に必要な申告書の作成もサイト内で行えるようにするという。

セミナーでは、各地の「お礼品」の試食もできた。一番人気は、佐賀県嬉野市佐賀牛のようだった。「ふるさと納税」の「お礼品」として和牛は、やはり人気が高いという。

f:id:morikawatakao:20160625062536j:plain

(写真:「さとふる」セミナーの試食に提供された各地の「お礼品」)


そのほか、神奈川県松田町の、ヘリコプターに体験搭乗できるという面白い「お礼」も関心を集めているようだった。「お礼」に関しては、昨今、やや過熱気味の感もあるが、今後も各自治体が知恵を絞り、様々な個性的な「お礼」が増えて行くのだろう。

■さとふる

www.satofull.jp

鎌倉・江ノ島でしか食べられないスペシャルな丼(どんぶり)3選

f:id:morikawatakao:20160528144455j:plain

 

観光地に出かけ、誰しもが楽しみであると同時に悩みどころなのがランチ。

せっかくの旅先での食事なのだから、"ご当地"でしか食べることができないもの、しかも美味しいものを食べてみたいところ。

というわけで、オールアバウトの鎌倉・江ノ島のコーナーに、ココでしか食べることができない、本当に美味しい丼(どんぶり)を3つ選りすぐって紹介する記事を書いてみました。

紹介するのは、

◆今までなかった新しい「しらす丼

◆老舗そば処の絶品「鎌倉丼」

江ノ島にある超人気店の、あの丼

の3つ。いったいどんな丼なのか、ぜひ記事をご覧ください。

 

allabout.co.jp

今週末 京都三大祭りのひとつ「葵祭」開催

年間300余りの祭りがあるとされる京都。その中でも代表的なものと言えば「三大祭り」といわれる、「葵祭」、「祇園祭り」、「時代祭」。

今週末、15日には、このうちの「葵祭」が行われます。

葵祭」は、上賀茂神社下鴨神社の例祭。祭りの起源は、今から約1400年前の欽明天皇(在位539~571年)の頃。「三大祭り」の中で、最も古い歴史を持ちます。

平安貴族そのままの衣装で着飾った500名以上の人々の行列が京都御所を出発し、下鴨神社を経て、上賀茂神社へ向う「路頭の儀」は、平安時代の王朝文化を今に伝えます。(写真は、2015年の「葵祭」の様子)

 

f:id:morikawatakao:20160512164216j:plain

 

f:id:morikawatakao:20160512164226j:plain


葵祭」の開催にあわあせ、京都三大祭りの観覧のポイントをまとめた記事を執筆してみました。ぜひ、お出かけの際の参考になさってください。

allabout.co.jp