旅行コラムニスト・森川孝郎の日本列島探検隊!

All About国内旅行ガイドで、コラムニスト森川孝郎が、旅行・観光に関する旬の情報をお届けします

渋谷は「ホテル空白地帯」?渋谷ストリームの新ホテルを取材

先月オープンした「渋谷ストリーム」内のホテル、「渋谷ストリームエクセルホテル東急」を取材してきました。

f:id:morikawatakao:20181016063909j:plain

 

とても快適なホテルで、「マイスタールーム」の設置やデリバリーロボット導入などチャンレンジングな取り組みも行われていますが、客室数、ターゲットとする客層、ホテルフロア構成という3つの観点で「本当にこれでいいの?」と思う部分があります。

 

この3つの観点を切り口に記事を書かせていただきました。

 

toyokeizai.net

NHKの「ごごナマ」で解説した、京都の紅葉の穴場スポット

昨年、出演させていただいたNHKの「ごごナマ」で解説した、京都の紅葉穴場スポットなどの情報をまとめた記事が公開になりました。

 

f:id:morikawatakao:20181012221219j:plain


本当は出演後、すぐにネタにしたかったのですが、出演日が12月4日とほぼ紅葉が終わりかけており、一年近く温めてしまいました。

 

allabout.co.jp

この秋行きたい京都の紅葉スポット20選、2018年版

f:id:morikawatakao:20181010193351j:plain

 

この秋行きたい京都の紅葉スポット20選の2018年版まとめをつくってみました。

allabout.co.jp

近年、地球温暖化の影響等もあり、紅葉の時期は後ろ倒しになってきています。

 

以前は11月中旬~下旬に見頃を迎える場所が多いと言われていましたが、最近は、体感的に11月下旬~12月上旬という感じです。

 

ただし、大原や鞍馬、貴船など洛北の山沿いのエリアや、高雄などは京都市街地よりも平均気温が低いため、紅葉の始まりが早いので、行く場所によっても見頃時期が異なりますのでご注意ください。

新駅なのに廃墟!? トロリーバスが現役…中欧のセルビア共和国の交通事情

8月下旬から10日ほど旅行してきた中欧セルビア共和国のレポート記事をマイナビニュースに書きました。

 

f:id:morikawatakao:20181008180531j:plain

 

テーマは、鉄道やバス、路面電車などセルビアの交通です。以下の4つのトピックにまとめて紹介しました。

セルビアではトロリーバスがいまだに現役
◆なぜ、日本の国旗を掲げたバスが走るのか?
◆復活した山岳鉄道「シャルガン8」
◆新駅なのにまるで廃墟!? ベオグラード中央駅

 

なお、一緒に旅した郷土料理研究家の青木さん、現地でお世話になった通訳の大塚さんのコメントを使わせていただきました。この場で感謝申し上げます。

 

news.mynavi.jp

京都、嵐山の紅葉のオススメ名所5ヶ所を一日で

京都の嵐山の紅葉の名所を一日で巡るコースの紹介記事を最新化しました。

f:id:morikawatakao:20181003092718j:plain

 

昨年は京都の紅葉がきれいだったので、昨年撮影した写真を反映。

最近、旅行・観光を経済的観点から分析する記事を書くことが多いですが、案外、こういうふつうの散歩記事のほうが、よろこんで頂けたりお役に立つのかもしれないと思ったりします。

allabout.co.jp

巾着田の曼珠沙華、当初は手植えで増やした

日本一のヒガンバナ群生地、埼玉県日高市巾着田を取材して、記事を書かせていただきました。

f:id:morikawatakao:20180926215252j:plain


巾着田曼珠沙華の数は、その数、公式には500万本、実数は700万本ではないかとも言われています。


当初は手植えで増やしたこと、昭和40年代に持ち上がったダム計画、そして今年はコスモスが見られない理由等について、日高市観光協会の駒井会長に貴重なお話をうかがいました。


少なくとも、ネットでは今まで公開されていなかった情報が満載です。

 

toyokeizai.net

NIKKEIプラス1にコメント

昨日の日経新聞朝刊の別刷「NIKKEIプラス1」の「何でもランキング」に旅行の専門家としてのコメントを掲載いただきました。

 

f:id:morikawatakao:20180923084417j:plain

テーマは「水面に映える紅葉 気分も高揚」。芦ノ湖長瀞について、コメントしました。

 

すっかり秋めいてきて、旅行の特集も「紅葉」が増えてきましたね。

 

↓「NIKKEIプラス1」のオンライン版は、こちら。

style.nikkei.com