旅行コラムニスト・森川孝郎の日本列島探検隊!

All About国内旅行ガイドで、コラムニスト森川孝郎が、旅行・観光に関する旬の情報をお届けします

東海道線「村岡新駅」構想の行方は?鎌倉市深沢と一体開発

かねて設置構想があった「村岡新駅(仮称)」設置の話が、ここにきて再浮上(急浮上)しました。

f:id:morikawatakao:20190213071102j:plain

村岡新駅計画地付近を走行する東海道線

新駅設置とともに周辺の村岡地区(藤沢市)、深沢地区(鎌倉市)の一体整備を行う計画です。

 

およそ30年以上も前から設置構想があったものの、これまで進展がみられなかった計画がなぜ急展開をみせたのか?

 

藤沢市前市長の海老根靖典氏に話をききつつ、これまでの経緯を整理するとともに、計画推進慎重派、賛成派の方の意見をうかがいました。

 

toyokeizai.net

 

週刊『女性自身』の旅行特集を監修

本日発売の週刊『女性自身』の旅行特集を監修させていただきました。

f:id:morikawatakao:20190212212428j:plain

週刊『女性自身』

テーマは、失敗しないはじめての「ひとり旅」。カラー6ページです。私からのアドバイスのほか、箱根、京都、埼玉、愛知のモデルコースを紹介。


取材にご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

 

女性自身|最新号|雑誌|光文社

大江戸線、2/11~新ホーム供用開始。駅周辺ではさらなる開発が進むが…

都営大江戸線の「勝どき」駅の改良工事と東京五輪選手村計画地を取材してきた記事が公開になりました。新ホームは明日11日から使用開始です。

f:id:morikawatakao:20190210104847j:plain

2月11日から都営地下鉄大江戸線「勝どき」駅の新ホームが供用開始されます


「勝どき」駅周辺では、現在も複数の市街地再開発案件が進むほか、近隣の晴海に建設が進んでいる東京五輪選手村は、五輪閉幕後に住宅に転用されることが決まっています。

 


今回の駅改良工事により、「駅工事の計画時点では、五輪選手村の計画はまだありませんでしたが、今回の改良工事の結果、あと数万人お客様が増えても駅として耐えられる広さと構造を確保しています」と東京都交通局は説明します。

 

しかし、今後も続く臨海部の爆発的な人口増加に、数年後にはまた、これまでと同じような混雑状況が再び生じるのではないかという疑念が生じます。

 

news.mynavi.jp

 

京急の歴史は大師線から始まった!開業120周年

先日、取材してきた京浜急行開業120周年記念式典の記事が公開されました。


意外と知られてないことだと思いますが、京急の歴史は大師線六郷橋~大師)から始まりました。

f:id:morikawatakao:20190203082533j:plain

京急開業120周年記念式典

開業当初の大師線の経路を、古い地図を見ながら歩いてみると、昔の駅の痕跡などが残っていました!

 

news.mynavi.jp

「ドローン」を使ったバーチャル観光ツアーの可能性

ドローンを使ったバーチャル観光ツアー「空力車」を手がける、株式会社シアンの岩井さんを取材した記事が公開になりました。

観光分野におけるドローンの可能性とはどのようなものなのか

障害者や高齢者も、自宅や施設にいながら空からの映像を楽しむことができます。

 

今後は、医療とドローンツアーの結びつけなどを行っていくそうです。とても興味深いお話を色々ときくことができました!

 

toyokeizai.net

東急が池上線の活性化に力を入れはじめた理由

昨年末に取材した東急池上線の記事が、本日公開になりました。

f:id:morikawatakao:20190108073822j:plain

都会を走るローカル線の雰囲気が残る、東急池上線

私は学生時代、旗の台のケンタッキーでバイトしていたことや、20年以上前ですが、池上駅近くに数年間住んでいたこともあり、池上線には数々の思い出があります。

 

「都会を走るローカル線」の雰囲気が今も残っているのが池上線の魅力ですが、ここ数年、東急電鉄は池上線の活性化に力を入れはじめ、「活性化イベント」を実施するなどしています。

 

具体的には全線開通90周年を迎えた2017年は10月9日に「池上線フリー(無料)乗車デー」を開催。2018年は11月23日、24日の2日間にわたり、地元商店街などと連携して沿線全15駅の周辺でイベントを行う「池上線全線祭り」を開催しました。

 

「池上線全線祭り」には、1976年のヒット曲『池上線』を歌った歌手の西島三重子さんもいらっしゃいました。

 

toyokeizai.net

鎌倉の路地奥のイタリアン「ラッテリア ベベ」は、どうやって成功したのか?

今年の初仕事です。

f:id:morikawatakao:20190103082219j:plain

イタリアのプーリア州名産のフレッシュチーズ「ブッラータ」

鎌倉駅西口の路地奥にあるイタリアン「ラッテリア ベベ」の山崎兄弟に、年末にインタビューしてきた記事が公開になりました!

 

ベベは2015年のオープン後、地元の人気店に成長。また、弟の大志郎さんのチーズは日本最大級のチーズコンテストで二大会連続で入賞を果たしています。

 

普通に考えれば商売を成り立たせることすら難しい路地奥の立地で、人気店に成長した秘密を探りました。

toyokeizai.net