旅行・鉄道作家 森川天喜(あき)の取材記録

旅行・鉄道作家 森川天喜の取材記録です

小田急の向ヶ丘遊園モノレール記事

かつて存在した遊園地「向ケ丘遊園」への足となっていた小田急のモノレール。

アメリカ航空大手ロッキード社が開発したモノレールシステムが採用されたのは、この向ヶ丘遊園線と姫路市だけというレアなモノレールでした。図面や当時の運転士へのインタビューも交え、振り返る記事を執筆しました。

https://toyokeizai.net/articles/-/758993

多摩モノレールの延伸区間と武州鉄道

先日、青梅~秩父まで取材に出かけてきた記事が公開になりました。

延伸が具体化しつつある多摩都市モノレール
現在、多摩モノレールは上北台~箱根ケ崎間の延伸が具体化しつつありますが、この区間は、昭和30年代に計画された武州鉄道(吉祥寺~東青梅~秩父)の路線の一部とそっくりなのです。
武州鉄道建設計画は、後に政界を揺るがす贈収賄事件「武州鉄道汚職事件」に発展。結局、未成に終わります。

東武鉄道、西武鉄道、南武線はあるけど北武鉄道はあったの?

東武鉄道西武鉄道南武線はあるけど北武はあったの?という記事を書きました。

北武鉄道によって開業した熊谷~羽生間を行く秩父鉄道の車両
北武鉄道に関しては史料が極めて少なく、当時の新聞記事などを探して傍証を重ねながら、ようやく開通までの全体像をあぶり出した感じです。
詳しい記事が今までネットになかったので公開することに意義があると思って書きましたが、朝からけっこう読まれているようです(^^)

「昭和の日」にちなみ、大正天皇・昭和天皇の鉄道ご旅行に関する記事を執筆

ゴールデンウィークの最初の祝日は4月29日の「昭和の日」。

1986年10月11日、原宿駅(皇室専用ホーム)を出発される昭和天皇国鉄時代では最後の「御召列車」となった(写真:時事)

昭和天皇は鉄道との関わりも深く、生後3カ月後に鉄道で日光に移動して以降、「87年8か月の生涯で、列車に乗車しなかったのは、最後の年昭和64年だけだった」(『昭和天皇御召列車全記録』原武史監修)そうです。

若き日の昭和天皇および父君の大正天皇が、鉄道という交通手段を使ってどのような旅をされたのか、いくつかの興味深いエピソードを紹介する記事を執筆しました。

toyokeizai.net

 

GWにおすすめ?首都圏にある珍スポット3選

間もなくゴールデンウィークということで、首都圏にある「珍スポット」を3ヵ所紹介する面白系のコラムを書いてみました。

埼玉、栃木、群馬の「三県境」

紹介しているのは、先日出かけてきた「三県境」、川崎の歩いて渡れる「海底トンネル」、日本最短の鉄道「芝山鉄道」です。

GWの旅先を選ぶのに、参考になるような、ならないような?

allabout.co.jp

忍馬車鉄道と北武鉄道、北埼玉の興味深い鉄道史

先日、北埼玉の行田市羽生市へ取材に出かけてきた、忍馬車鉄道(後に行田馬車鉄道)と北武鉄道の歴史を紹介する記事が、マイナビニュースで公開になりました。

北武鉄道は羽生~行田市~熊谷間を結んだ路線で、現在は秩父鉄道の一部区間になっている

鉄道の歴史を調べると、地域の産業との結びつきが見えてきます。行田の場合は足袋の生産。江戸時代以降、行田では足袋が盛んに生産されましたが、明治中頃まで、この地域は「鉄道空白地帯」で、効率的に足袋を発出するために、鉄道の敷設が切望されました。しかし、北武鉄道の開業までには紆余曲折があり、長い年月がかかりました。

news.mynavi.jp

桜の時期に歩きたい鎌倉の観光モデルコース

桜の開花宣言に合わせ、桜の季節におすすめの鎌倉観光モデルコースを紹介する記事をコラムサイト(All About)に書いてみました。

鶴岡八幡宮の正式な参道「段葛」の桜並木
鎌倉に詳しい人であれば、「そんなの知ってるよ」という内容ばかりかもしれませんが、ぜひご覧ください(^^) なお、写真は、昨年以前に撮影したものを使用しています。